fc2ブログ

目撃 スマホを落とす瞬間


どこでもありそうなシニアの日常を
物語のつもりでブログ書いてます。
お小遣いのたしにとアフィリエイトもやってます。
よかったらおつきあいください。


ランキングに参加してます。
応援いただけるとうれしいです(^-^)/
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村


1694996330926 (2)

先日の二泊三日のツアーの最終夜、

松本から特急あずさで、新宿まで、

そこでツアー終了となりました。

新宿からは山手線に乗り

帰路につきました。



山手線は土曜日の19時すぎでも

ゆるく満員で、初めは立っていました。

池袋でどっと人が降り、

ドアに一番近い端の席に

私は座ることができました。

大きな荷物をかかえていたので

ほっとしました。



池袋からまた多くの人が

乗ってきたので、また満員。

田舎育ちで電車に縁遠かった私、

毎回ですが、この人の多さには

慣れることはないです。



駅に到着するたび

人が降りてまた乗ってきます。



ある駅でのこと、

多くの立っている人が

さぁ~っと降りると

通路をはさんで

私の目の前に座っていた

女性があわてて席を立ちました。

するとパンツの左ポケットから

するりとスマホがこぼれ

座っていたシートの上に落ちました。



あっと思いましたが

女性は気づくことなく

他の人に交じって

あっという間に視界から消え

ホームへと出ようとしています。



あ、教えてあげなきゃ

降りようとする女性に

目をやるのですが、

多くの人にまぎれて

どの人かわかりません。



女性の前に立っていた人たちも

気づいて、落ちたスマホをみたり

降りようとしている女性を見たり

どうしよう、どうにかしなきゃ

十秒もないくらい短い時間、

みんな同じようなことを思いながらも

でも誰も声をあげることはなく

瞬時にドアがしまって

電車は発車してしまったのです。



その駅からも、

多くの人が乗ってきました。

どの席も人が座っていて、

立っている人もいるというのに

その席だけはぽっかり空いていますが

スマホをみて戸惑い、座る人はいません。

認識はしていても、知らないふり

私を含めてみんなそんな感じでした。



さて、このスマホどうしたらいいのかな、

駅員さんが見つけたら良いけど

放置してたら悪い人拾うかもしれない、

そうなるとスマホは

女性に戻ることはないだろうし

個人情報を悪用される可能性もあるし、

面倒だけど

やっぱりスマホを拾って

降りた駅に預ける?いや警察?

いろいろ頭に思い描いているうちに

スマホがなりだしました。

みんな一斉にスマホに視線を送ります。

するとスマホの隣に座っていた

40代くらいの男性が

おずおずとスマホを手に取り

「はい」と着信に応じたのです。



どうも落とした女性からだったようで

男性はスマホが電車の

シートの上にあることを

説明していたようでした。

鮮明には聞こえませんでしたが、

女性は、スマホに出た方に

駅の窓口か、交番に届けるよう

頼んでいたようです。

話が成立したようで

男性は、そのスマホをふところに入れて、

次の駅で降りていきました。

そのやりとりから、

スマホはきっと落とした方に

無事戻るだろうなと

想像できるような感じでした。



それにしても、私含めて

誰かがあの一瞬に

「スマホ落としましたよ」と

声を上げれば、

気づいていたかもしれないのに

とっさに声がでないものですね。

瞬時にさっと対応できない

自分のふがいなさを思いました。



そしてもし自分がスマホを落としたら…

以前、ワインバーに置き忘れたとき

私は電話することなく、

ひきかえしましたが

まずは一番に電話するのもありですね。

うまくいくとは限りませんが。

ただ、連れが、いたらいいけど

居ない場合は、どこで

電話を借りたらいいのやら。

それに…電話番号、覚えてますか?



いやいやそれより、

パンツやスカート、ジャケットでも

ポケットにスマホはだめですね。



新宿から電車を乗り継いで小一時間

旅行で疲れた心身でしたが

スマホの一件で疲労さえ

ふっとんだ感じでした。

でも、家に到着すると

どっと疲労感におそわれました。



最近、一つの事が気になると

別の事がおざなりになる事があります。

落とし物、忘れ物、注意しなきゃ。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ







Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール
  
ツモリアはアフィリエイトの
サイトです

60代主婦です。
家が大好き、家に居る時間を
こよなく愛しています。
ブログを始めて、なにげない
日常の一こまが、かけがえの
ないものになりました。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ





PVアクセスランキング にほんブログ村

このブログの主な登場人物

るっち:夫(60才)
はるっぽ:愛娘犬(15才で虹の橋)
ぎゃるえつ:友人大食漢(60代
なにわ子:友人関西出身(50代後半)
米子:友人お米好き(50代後半)
カウル:友人(60代)
さっ子:友人(60代)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション




ミニチュアシュナウザーの
ブログも遊びに来てね。

vcm_s_kf_repr_88x31.jpg

検索フォーム
カテゴリー
フリーエリア






リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター


現在の閲覧者数:

RSSフィード



フリーエリア