FC2ブログ

胃がんとコロナ 4

P1012543 (2)
原種系の黄色のチューリップ、昨年春咲いて植えっぱなしの鉢で咲いてくれました。




昨年秋の健康診断で

二年ぶりに胃カメラ検査した友人に

初期の胃がんが見つかりました。

初期の胃がんということですが、

できた場所が悪く、年明け早々に

開腹手術をすることになりました。



が、昨年末からコロナ陽性者が

すごい勢いで増加、第三波で

二回目の緊急事態宣言となったのは

記憶に新しいところです。

そんななか、友人の入院予定だった

病院でもコロナ陽性者がみつかり

なんと、がんの手術が

二ヶ月も延期になるという

信じがたい状況になったのです。



いくら初期とは言え、

入院・手術は覚悟がいるわけで

予定日に合わせ、

それこそ、戦闘態勢のような

心持ちで気持ちを整えていたと思います、

先生からは、初期なので

食事の制限はしなくてもいいし

アルコールも大丈夫とは言われても

普段とかわらない食生活はできなかったはず。

とっとと手術をして、病理検査の結果を聞いて

治療をすすめ、終わらせ

もとの暮らしにもどりたかったはず。

それが二ヶ月も延期、

気持ちの切り替え、大変だった思います。



そして三月の下旬に二週間の入院、

胃全摘の手術を無事終了の連絡がきました。

初期ではあるけど、できた場所が悪く

全摘になったようです。

胃を全摘すると言うことは

そのあとが大変です。

食物を一時的に貯めて消化する器官が

なくなったわけです。

その役割を腸に託すわけですが

腸が「じゃ、今日から胃のお仕事もするね」

ってことにはならないわけで

退院後も、一食ごと一日ごと、少しづつ

様子を見ながら、食べ物を入れていき

胃を育てなければならないそうです。

最初はたくさん食べられないし

食べ方によっては排便も整わないし

人によっては低血糖の症状がでることも。



そんな友人から、

病理検査の結果の連絡をもらいました。



「リンパ節転移無し

抗がん剤治療不要」



この言葉を聞いたときは

どんなにほっとしたことでしょう、

13年前、乳がんの主治医から

「よかったですね、転移してないですよ」

この言葉を聞いたとき、いっきに力が抜け

ボトボトと涙が落ちたことを思い出しました。

本当によかった。

最高の結果です。

心からよかったと思いました。



再発しやすい細胞が見つかり、

定期的な検査が必要だそうですが

それも年齢を考えると

一病息災となることでしょう。



術後、一ヶ月、彼女は静かに

胃を育てる作業を毎日繰り返しているはず

目標は、一緒に乾杯をして

美味しいモノを食べること、

もとの食生活にもどるまでは

まだ時間が必要だと思いますが

命があればなんとでもなるし

生きてさえいれば大丈夫。

がん宣告から半年間、

がんばった友人にエールを送りたいと思います。



そして、やっぱり、やっぱり

早期発見!です!!

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

トラックバック一番のり~

しなやかに幸せに生きる60代 ライフスタイルブログ・テーマ
しなやかに幸せに生きる60代









カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
  
60代主婦です。
夫とミニチュアシュナウザーの
はると暮らしています。
家が大好き、家に居る時間を
こよなく愛しています。
ブログを始めて、なにげない
日常の一こまが、かけがえの
ないものになりました。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション




ミニチュアシュナウザーの
ブログ、ただ今お休み中

vcm_s_kf_repr_88x31.jpg

カネ吉 不定期販売の
おまかせセット

在庫あったらラッキー



「みんなの家しごと日記」
「みんなの暮らし日記」
掲載していただきました。



ブログ村へ
カテゴリー
フリーエリア






リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター


現在の閲覧者数:

RSSフィード