FC2ブログ

既読にならないラインメッセージ

P3229794.jpg

今年は年内に年賀状を出さないで

届いた方に、返事を出しています。

届いてから投函する失礼をわびながら

一枚一枚、丁寧に書いています。



今まで、私が出した年賀状に

返事を下さる方が二名いらして

そのうちのお一人のお話です。

少し重い話になります。



その方とは、結婚前は仕事つながり

結婚後はプライベートで

おつきあいがありました。 

実家のことで、弁護士をという事があり

私が一ヶ月ほど、帰省した時

一緒に動いてくださった方です。

当時はまだ、退職前だったにもかかわらず

勤務を終えた後や、休日を返上して

とても親身になり動いていただき

感謝してもしきれない

そんな方でした。



今年は年賀状を出していないので

ラインであいさつを送りました。



いつもは、すぐに既読になり

すぐに返事が返ってくるのですが

今年は既読になりません。

あれ?忙しいのかな?

翌日も既読になりません。

あれ?体調壊されているのかな?

翌々日、心配になり電話をすると



娘さんがでられました。

そして、昨年の一月に

亡くなられたことを知りました。



愕然として、言葉が出ませんでした。

心臓狭窄症だったとか

事務所兼自宅の庭で倒れていて

朝、近所の人に発見されたとか

(一人暮らしでした)

でも娘さんの話は上の空。

愕然として動揺して

おろおろしました。



確か70才くらい、

退職後は再雇用で働かず

新たに行政書士の資格をとり

事務所を構えていらっしゃいました。

お金に関係なく、とても親身な対応だったせいか

忙しくて忙しくてと

うれしそうにおっしゃっていたのに。



一年に一度程度、いつも私から

ラインで連絡を入れていました。

亡くなったのは2020年1月

ラインの履歴をみたら

2019年10月ごろから

私からではなく、その方から

頻繁にメッセージが入っています。

11月・12月、そして亡くなる10日前。

当時、頻繁な連絡に、何の疑問も

持たなかったけど、何かカラダに異変が

あったのでしょうか。

11月に帰省した時、連絡しなかった事が

悔やまれてなりません。



一瞬のことで苦しまずに逝ったという

娘さんの言葉に救われましたが

全国をとびまわり、入管の勉強まで

始められ、70才を越えても

とても意欲的な方だっただけに

知らない間に逝ってしまわれたことが

未だに信じられないのです。

一年もの間、まだお元気だと思い続けて

年賀のあいさつまで送ってしまった私。



人の死って

こんなものでしょうか。

コツコツ積み上げてきたものも

一瞬のうちにすべてが無くなり

でも周りは何事もなく時間は刻まれていく。



この年になって、直接ふれあった人が亡くなり

死がどんどん現実味をおびてくる気がして

訃報をきくたびに心が震えるのです。

でもこれは序章にすぎないのかもしれません。



長生きのお祝いをする還暦を

迎えようとしていますが

こういうことにも慣れていくしか

ないのでしょうか。

ラインの既読にならないメッセージ・・・。。

きついなぁと思いました。



そんなことを思いながら

今日は生きるために

婦人科検診に行ってきました。

前をむいて生きるしかありません。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村







カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
  
60代主婦です。
夫とミニチュアシュナウザーの
はると暮らしています。
家が大好き、家に居る時間を
こよなく愛しています。
ブログを始めて、なにげない
日常の一こまが、かけがえの
ないものになりました。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

インフォメーション




ミニチュアシュナウザーの
ブログ、ただ今お休み中

vcm_s_kf_repr_88x31.jpg

カネ吉 不定期販売の
おまかせセット

在庫あったらラッキー



「みんなの家しごと日記」
「みんなの暮らし日記」
掲載していただきました。



ブログ村へ
カテゴリー
フリーエリア






リンク
このブログをリンクに追加する
カウンター


現在の閲覧者数:

RSSフィード